制作にあたってはレイヤーを効果的に活用しましょう。

特に、当社においてアタリ画像と実画像の貼り替えが発生する場合には、確実にアタリ画像用のレイヤーを作成されますことをお願いいたします。

また、透明効果を文字に設定する場合は、写真等より文字データが上にあるように(画像化されてジャギーが発生しないために)、文字用のレイヤーを作成した方が管理しやすくなります。

ただ、レイヤーのプリントオプション(印刷する・しない)は特別な意図のある場合以外は原則として使用しないで下さい。「印刷しない」オプションがONになっていたために、必要なオブジェクトが出力されないというトラブルが発生することがあります。

また、印刷しないレイヤーやオブジェクトは原則として入稿データからは削除しておいて下さい。