白黒線画もの(イラストやロゴ類)はモノクロ2階調のデータにします。
これをグレースケールにしてしまうと、出力時に網点処理がかかり、ラインやエッジの部分がギザギザになってしまいます。
グレースケールは、階調(グラデーションや写真)のある場合に使用するものとお考え下さい。

モノクロ2階調のデータ使用時、画像解像度は、原寸(100%)で「600~1200dpi」のTIFFファイルが最適です。
また、通常DTPソフトであればTIFF保存オプションの「LZW圧縮」をした方が、データ量が小さくなって扱いやすくなります。