画像は原則としてレイアウトソフトの画像枠などで使用するときのサイズで作成してください。

レイアウトソフト上での拡大・縮小処理は、解像度や画質の点で、できるだけ避けてください。
画像のうち、使用する際に不要となる部分はできるだけトリミング(削除)し、データ量を少なくするようにしてください。

DTP制作で使用する画像のモードはモノクロ2階調、グレースケール、CMYKを使用してください。
RGB、インデックスカラー、PICTなどは使用しないでください。

どうしてもRGBでしか入稿できない場合(適切なCMYK変換処理ができない、デジカメデータをそのまま使用など)は、その旨をデータと一緒に文章で入稿してください。

制作物がモノクロであるのにカラー画像をそのまま使用しているケースがまれにありますが、必ず制作物に合わせたカラーモードにしておいてください。モードが適切でないと、画像がまったく出力できないこともあります。

また、画像を切り抜いた結果、画像のまわりに白地ができてしまったり、切り抜いたところのエッジが汚く見えてしまうようなケースがまれにみられます。

画像を切り抜くとき、わずかに画像の内側に入りこむようにして白地を作らないようにしたり、アンチエイリアスをかけてエッジがわずかにボケるようにすることでエッジに違和感が生じないようにしましょう。