お客様の仕上がりのご要望に応じてさまざまな種類の紙を使用いたします。代表的な紙の種類を表記しておきますので、参考にしてください。

コート紙:
チラシなどの商業印刷にいちばん使用される紙です。紙の表面がなめらかになるようにコーティングされているため印刷に適し、光沢があります。鮮やかな発色で写真が美しく仕上がります。
マット紙(マットコート紙):
コート紙のツルツルとした感じと光沢を抑えた紙で発色がよく、コート紙よりも高級感のある仕上がりとなるため、カタログやパンフレットなどの印刷に適しています
アート紙:
上級印刷用紙で写真集や高級パンフレットなどに使用します。
上質紙:
一般的な事務用印刷物(コピー用紙など)や本などに使用します。表面をコーティングしていないので、えんぴつやボールペンなどでの書き込みもなめらかです。

なお、紙の料金は上記のような質の種類とその厚さによって異なります。紙には厚さが複数あり、厚さが増すほど重さも増し、一般に料金が高くなります。

※紙の厚さは、1000枚あたりの重さ(kg)で表します。