DTPにおける書体(FONT)はメーカー・字形・バージョン等により同じ名前でも互換性の無い場合もあります。特に、以前のMacOS9環境ですと文字部分をそのままの状態にして入稿されますと、データを開く環境によって異なるフォントで出力されてしまう可能性がありました。

現在のオープンタイプ主流の環境でも、Mac←→Win間あるいはOSにバンドルされた(ヒラギノ等)ものなど書体によっては互換性が無い場合もありますが、当社所有書体をご利用であれば基本的に互換性には問題ありません。

ただし、「不慮の事故を防ぐため」や「書体の確認が難しい」場合などは、全ての文字をアウトライン化して入稿いただいてもかまいません。

確実な出力にはメリットの多いアウトライン化ですが、ディメリットもあります。

  • アウトライン化したデータで上書き保存してしまうと、あとで文字の訂正ができなくなってしまいます。アウトライン化したデータを「別名で保存」して、アウトライン前のデータとアウトライン化したデータを作っておきましょう。
  • アウトライン化した文字は、画像として出力されますので、文字状態のままよりも太って出力されます。CTPなどの高解像度出力では判別できないほどですが、オンデマンド印刷やインクジェット印刷の場合は文字がつぶれてしまうこともあります。
  • アウトライン化したあとに修正をする場合は、必ずアウトライン化前のデータで行い、再度アウトライン化したものを別名で保存し直すようにして下さい。そうしないとアウトライン化前と後の整合性がとれなくなります。

最後に、アウトライン化するしないに関わらず、出力見本は必ず添付されるようにお願いいたします。
当社における最終的な確認作業は目視にて行います。その際お客様の認証済みの出力紙がございませんと確認作業ができません。
なにとぞご協力お願いいたします。